CMに影響されて買ってしまう!について

CMに影響されて買ってしまう!

最近のCMは本当におもしろいのが多いですよね?
下手すると、下手なバラエティ番組よりもおもしろいと私は感じてしまうくらいですよ?
そんな、CMに影響されて買わないようにするにはどうすればいいのでしょうか?
CMを飛ばすというのがもっとも簡単な方法ではないでしょうか?
私の知り合いに、CMが嫌いなので、番組は録画して後から見るようにしており、CMになったら飛ばすという人がいます!
なるほどと思って、私も試してみたのですが、CMをなくすと、一つの1時間番組が実は45分程度になります!
つまり、15分間近くもCMなどを見せられていたことに気づくのです!
となるとなんだか得した気分になりませんか?
ちなみに、最近のテレビは凄くて録画した番組のCMを自動でカットして録画するという画期的なテレビも存在しています!
CMを見たくない!と思う人はぜひCMカット機能のあるテレビを購入してみてはいかがでしょうか?
ただ、芸術の域に達しているようなCMも多く存在しますので、「始めから避けてしまわず、色々見るのも良い」という人も多くいるようです。

CMだってちゃんと面白い

テレビを観ると必ず目に入ってくるものがCMです。民間放送のラジオやテレビで、番組の前後や間に放送される広告のことをいいます。その一本の時間は15秒から30秒が多いです。これは、日本のテレビでほぼ統一されています。世界的に見ても10秒から15秒程度の短いテレビが主流なのは、日本と一部の周辺国のみです。これほどの短い映像を広告に収めてしまうのも考えてみるとすごいことです。また、皆さんがよくあるように、ドラマやバラエティ番組や映画などに夢中になっている時や、いい場面の時に入ると、もどかしくなります。しかし、最近のCMをよく注目してみるとユニーク面白いものも増えてきているように感じられます。ソフトバンクの犬が喋るものから始まり、イケメン俳優がまじめにふざけた演技をしている映像まであり、見ていて飽きがきません。CMというものは、どうしても番組の途中で入るものなので、視聴者の集中力が切れてしまいます。そのため、どこの企業も視聴者に見てもらおうと試行錯誤して注目度を挙げようとします。また、そのブランドのイメージも保ちつつ、かつ分かりやすい映像が求められます。最近では、インターネットにて番組コンテンツを配信する事業者も、冒頭や終了前、中間などで流していることもあります。視聴に際して料金が必要とされるケーブル放送や、WOWOWやスカパー!などは、視聴者との契約料の収入があるため放映しない局もあります。

注目サイト

フォトウェディング 大阪

池袋で結婚式の二次会を開催

茨城 インプラント

2017/7/27 更新